okiの互換トナーカートリッジでお得プリント│コスト削減テク

携帯

通話料を抑える

携帯

IPフォンは、現在多くの所で導入されています。IPフォンは、インターネット回線を利用した通話を行なう電話で、通話料を大きく抑えることが可能です。インターネットを利用することから、プロバイダ契約が必要になりますが、多くが月額利用よりも安く、コストを大きく抑えることができます。また、インターネットを利用するということで、どこから電話をかけても料金が一律ということも大きな魅力です。海外や遠い地域に電話をかける機会があるという会社の場合、通話料を大きく抑えることが可能になるので、IPフォンは非常に重要なものとなります。固定電話だけでなく、持ち運びが用意なモバイルのIP電話や、WIFIを利用して内線としてとして利用するという方法もあり、様々な使い方ができることから多くの会社で導入されています。

IPフォンは、主にビジネスシーンで取り入れられているので、ビジネス向けの機能が充実していることも大きな魅力です。クラウドを利用したIPフォンは、電話会議やグループ着信というような機能が備わっていることも多いです。複数の人達と一斉に会話をすることが可能で、複数の支社があるという会社も、それぞれのオフィスから会議に参加することができます。また、保留転送が行えるという機能もあり、電話の受付窓口を作り、そこから電話を各部署や会社に振り分けていくという方法も可能です。以前はIPフォンは音声品質があまり良くないと言われていましたが、現在はほとんどのところで解消されています。音声の品質にこだわっている会社の製品を選ぶことで、音声面での不都合を感じるようなことはなくなります。