okiの互換トナーカートリッジでお得プリント│コスト削減テク

携帯

製本を行なう

携帯

会社内で、ちょっとした資料をまとめて、企画書や報告書を作る際には、製本化することで非常に見た目や使い勝手がよくなります。また、クライアントに提出する書類を、製本にすると丁寧な印象をあたえることが出来ます。しかし、製本は通常印刷会社に頼むことが多く、時間や手間がかかってしまいます。少ない部数のものを本にするということはコスト的にもあまりメリットがありません。しかしそのようなときには卓上の製本機を利用することで、少ない部数から本にしていくことができます。早いものであれば15秒で製本できるという製品もあり、非常に短い時間で本にすることが可能です。印刷会社に依頼するよりも早く本を仕上げることが出来ます。製本機で作成した本は、仕上がりも非常に美しく、見開きも可能なので製本後にコピーを取るという場合や、何か書き込む際にも非常に便利です。

製本機は様々な所で利用されています。一般的なオフィスから、官公庁や病院、図書館というような施設まで幅広く使われています。論文をまとめることや、カルテの保存や資料の保存というような用途に使われることが多く、書類をまとめることを主な機能としています。製本機で製本する際には、初めて使うという人にもわかりやすいように操作ガイダンスが予めついており、ガイダンスに従うことで製本にすることが可能です。製本機を選ぶ際には、どのような製本ができるのか機能を比較して選ぶことが大切です。製本には、ハードカバー製本と呼ばれるものや、天のり製本と呼ばれる上部にのりが貼り付けられたメモ帳形式の製本、テープ製本と呼ばれる背表紙にテープを使ったものなど様々なものがあります。あらゆる製本ができる製本機を選ぶことで、様々な場面で利用することができます。