okiの互換トナーカートリッジでお得プリント│コスト削減テク

携帯

製本を行なう

携帯

会社内の書類やクライアントに提出する書類は製本機で製本にすることで保管がしやすく、見やすいものにすることができます。製本機は様々なところで使われており早い時間でサッと作ることができます。

詳細を確認する

会社に必要なもの

携帯

会社では様々な書類を印刷する機会があり、プリンターのトナーが必要になる場面も多いです。トナーを購入するという場合、2つの種類があるということを認識しておくことが大切です。一つは純正品と呼ばれるもので、メーカーが作った正規の商品となります。もう一つは非純正と呼ばれるもので、互換トナーカートリッジとも呼ばれています。純正トナーのカートリッジにインクを詰め直して再販しているもので、okiという表示がついていることや商品名にリサイクルという名称が付いていることもあります。純正品は、とにかく安心感があり、メーカー保証等がついています。互換トナーカートリッジの場合、コストが非常に安くコストパフォーマンスが優れています。再生品を使うことで、環境にも優しいというメリットもあります。純正インクと同等の品質のものも多く、okiを販売している業者によっては、品質保障をつけており、品質に満足できない時には返金という保障を行っている所もあります。なお、印刷関係の機器で最近導入することが増えているのが製本機です。内部の資料を丁寧に保存したいという時や、クライアントに資料を提出するときなどに使われているもので、手軽に簡単に資料を本としてまとめることができます。

会社ではOA機器と呼ばれる様々な機材を使うことがあります。その中でも欠かせないものが電話です。最近では、電話をIPフォンに切り替えるオフィスも増えてきました。IPフォンとはインターネット回線を利用した電話で、電話代を大きく抑えることができるという特徴があります。海外等の地域によく電話を行なうという場合や、電話をよくかけるという様なときに利用することが可能です。また、最近ではIP無線機と呼ばれるものもよく利用されるようになりました。免許不要で使うことができるもので、タクシー会社やショッピングセンターなどで使われています。また、会社のOA機器でよく使われるものが複合機です。コピーやプリンター、FAXなどの機能が搭載されているもので、一つあるだけで様々なことができます。複合機は新品や中古品を購入するだけでなく、リースやレンタルという方法で導入することが可能です。見積もりサイトで複数の会社に見積もりを依頼することも可能です。

複合機の導入

携帯

複合機は様々な機能が搭載されており、会社にとって無くてはならない機器の一つです。導入を行う際にはリースやレンタル、新品や中古の購入という方法があります。見積もりサイトに依頼して複数の会社に見積もり依頼が可能です。

詳細を確認する

通話料を抑える

携帯

IPフォンはインターネット回線を利用した電話で、通話料を大きく抑えることが可能です。電話をたくさんかけるような所や、海外に電話を行なうというような場合に非常に便利です。

詳細を確認する